[+]

すなおの戯言とかが書かれてる場所だと思う。フリスクバリムシャァ


久々に IYH

買ったものと言ってもPCパーツばかりですが…

ひとつめ


SilverStoneのSST-ZM1350(1350W ATX電源)です。
IYHというか、PCの電源が急逝してしまったために買いました。
増税前日に駆け込み購入です。消費税5%での買い物はこいつが最後になりました…w

12Vは6系統ありますが、スイッチで切り替えて1系統にまとめる事もできます。
1系統にまとめると105Aの電流容量になります。このレベルになると短絡が怖いですね…

それと電圧調整用の半固定抵抗がついています。この変態機能に惹かれてしまったw

奥行きが230mmもあるのでケースによってはほぼ確実に干渉します。僕のケースにはギリギリ入り
ましたが…そこだけが要注意です。
そして重い(4.5kg)。なので上に電源がくるタイプだとかなりトップヘビーなPCになると思います。
(なんとか支えられているようです)
あと、1350W(1次側はこれ以上)という容量的にコンセントをまるごとひとつ占有しないといけません。
(僕は無視して「ディスプレイぐらいならいいだろ」なんて考えで他の機器とまとめてますが…)
付属の専用電源ケーブルしか使えないのも注意です(ATX電源側のコネクタ形状が違う)。


ふたつめ


GeForce GTX780Ti と Windows 8.1 のディスクです。
近々PCを組みなおそうと思っているので衝動買いというのも違うかもしれませんが…
どうせなら先にグラボだけでも買っちゃおうか、っていう衝動が…w


久々にフルサイズのグラボです。フルサイズはGTX260以来ですかね…
今まではというと、GTX260が熱暴走で死んだ代わりに急いで買ったGTX550Tiを使っていました。
そのうちまともなグラボを…と思っていたのですが、なんだかんだで使い続け…
まぁ、その550Tiも今回でお役御免となりましたが。

試しにGTX550TiとGTX780Tiをベンチマーク比較(比較するまでもないけど)してみました。
ベンチマークは3D Mark11。無料版なので1280x720でのベンチマーク結果のみです。
他にも色々なベンチソフトを使いたかったのですが、時間がなかったのでこれだけ。

 
Graphics Score がGTX550Tiの6倍弱になっています。GPU自体の各スペックの数値を見ると550Tiの
6倍~7倍になっているので、妥当な結果ですかね…
3D Mark11のテストが余裕の60fps越えで進んでいくのを見ているとそのパワーを感じます。
今まで中~高設定ぐらいで限界だったゲームも最高設定でほぼストレスなく遊べるようになり
なかなか満足です。

その代わりTDPが220Wとぐんと増えました。恐ろしい…
GTX260で190Wぐらいだった気がするので、今まで使った中で一番排熱量の大きいグラボになります。

実は、こいつをもう1枚買ってSLIでも組もうか、なんて考えちゃってますが…
普通に考えてエアフローをどうにかしないとヤバいですね…w


Win8.1Proのディスクはついでに買ったものです。
PC組み直しの時まで大切にとっておこうと思います。


そんな感じで。次回はPC組み直しの時に何か書くかもしれません。
久々にPC自作の熱が来てるので冷めないうちに…


2014/04/24(木)22:06:16  PC  コメント(0) 


この記事へのコメント


名前

コメント




| 前の記事 | 次の記事 | ホーム |



RSS

すなお  すなお

東風谷早苗信者の変態。
最近は何か作ってたりしてます。
完成は非常に遅い。





Copyright © 超絶はらへ('A`) All Rights Reserved.