[+]

すなおの戯言とかが書かれてる場所だと思う。フリスクバリムシャァ


SONYのカセットデッキ、TC-WR870を修理してたり


ある日ふと、「久々にカセットテープの音が聞きたいなあ」なんて事を思ってしまったので
 

仕事帰りにハードオフに寄ってSONYのカセットデッキを買ってきてしまいました。


TC-WR870という、1991年発売のオートリバース付きのダブルデッキなカセットデッキ。
ドルビーノイズリダクションシステム(B/C) を搭載し、ヘッドはSONYお得意のPC-OCC巻線レーザー
アモルファスヘッド。
普及機なので大したデッキではないんですが…。2ヘッドだし。

しかしこいつはジャンクの不動品。
購入時の説明には「カセットドアが開きません。再生不可」。

どうせベルトが切れているんだろうと思って買いましたが大当たりだったようで…

まずは天板を外しメカユニットを取り外していきます。


中身は…なるほど。マイコンとかは見えますが音声信号部分はほとんどアナログ回路。
当たり前ですね。アナログメディアなのですから…。
(所々音声回路切り替え用にマルチプレクサが挟んであるがアナログ側から見てデジタル回路と
判断するべきか否か…)

 
メカユニットを摘出します。予想通りベルトが切れてる…というより、ベトベトに加水分解して
キャプスタンフライホイールにへばりついてます。ウレタン系ゴムベルトの宿命。
ドア開閉やオートリバース用のベルトも千切れていました。

溶けたゴムベルトを取り除いて、パーツクリーナーで綺麗に掃除していくのですが…
加水分解したゴムってほんと嫌なんですよねえ…手についたら落ちないし…
以前車のドアの内装剥がして色々した時にもゴム系の接着剤が使われてた事があったのですが
あれもいい感じに加水分解していて手が真っ黒でベトベトになって非常に嫌な思い出でした…

キャプスタン駆動用は平ベルトなのですが…はて、平ベルトをどう入手しようか…
最初は中華製のあやしい平ベルトを使ったのですが…これがまた酷いこと酷いこと…
ものすごいワウフラッターでとてもじゃないが聞けたものじゃなかったです。

悩んでいると千石電商で売っているという情報を入手。いやもっと早く知っておけばよかった…
直径は…申し訳ない、忘れてしまいましたが70φか75φのどちらかを使ったはず…
ドア開閉用は25φの角ベルトを使った気がします(こちらも千石電商で入手可)。

キャプスタンのベルトは簡単にかかりますがドア開閉用はちょっとコツが必要でした。写真とか残して
おけばよかったのですが…メカを全部ばらすのがめんどくさかったので隙間から押し込むようにして
ベルトをかける感じ…ピンセットとかあると楽だと思います(ないと難しい)。

ベルト交換後はスムーズにドア開閉ができ(後述しますが実はスムーズでない)、ワウフラッターも
よく聞くと若干出てるかなという具合ですが録音再生も可能になり…


ここから調整です。…が、調子に乗って各部を改造しだしたりします。

 
 
まず定番(?)のコンデンサとオペアンプの交換。
電源系にはOS-CONを、音声信号のカップリングCにはSILMIC II とPMLCAP、時々セラファインを。
オペアンプには…手持ちでたくさん余っていたNJM5532DDを使いました。まあ、カセットテープの
アナログな音には古いオペアンプが似合うかなという事で…。いたずらに最近のオペアンプとか
乗っけても面白かったかもしれませんが。


マイコンのクロック源をセラミック振動子から水晶振動子に変えてやりました。
意味はないと思いますが…気分的に…



電源トランスの1次側にノイズフィルタを挟みました。これは効果あるかも?
ノイズフィルタを挟むのはよくやる改造だったりします。


これは全くの趣味なんですが…録音レベルのつまみが赤く光っていたのを青色にしました。
だって青色だとかっこいいじゃん?え、ありきたり?せっかくの雰囲気が台無し?そうですか…。


録音イコライザは専用のICで行っているみたいなんですが、このデッキはオーディオ系の電源電圧が
±7.5Vしかなく、高域において録音イコライザの出力が飽和しまくっちゃいます。


これを解決するためにより高い電圧で駆動するオペアンプを間に挟みます。これらの電源はトランス
から直接生成する感じなのですが、電源OFF時もトランスに通電しているので基板上からマイコン等の
デジタル回路用の5Vを引き出し、それでリレーをON/OFFさせる事で連動させます。

具体的な仕組みを話すと、録音イコライザの出力が飽和しないように入力される信号レベルを半分
程にして、そのままだとレベルが低いので追加のオペアンプで倍に増幅してやるといった感じです。
これなら飽和する事無く録音イコライザを通すことができます。

より高い電圧で駆動するという事はオペアンプの出力信号は当然ながら他部分の電源電圧を超えて
しまう場合があり、通常なら絶対にあってはならない事なんですが(ICなどに電源電圧以上の信号が
入力されるとラッチアップという現象を引き起こし最悪の場合焼損する)、このデッキの場合録音
イコライザが直接ヘッドを駆動しているような感じでイコライザとヘッドの間にはカップリングC以外何も
挟まっていないのでこのようにしました。
ヘッドの耐圧の問題もありそうな気がしますがまあ大丈夫でしょうという事で…。


波形が飽和する事もなく問題解決です。


次は調整に入ります。まずテストテープを用意します…が、そんなものはない!
入手もできない!どうすっべ…
と思っていたらヤフオクでお手製のテストテープもどきがあったのでこれを購入。

テープスピード調整用のテープなので、まずスピード調整から。
基板上のTP801というコネクタをショートしたまま電源を入れるとテストモードになります。
次にテストテープを入れ再生し、ダビングの「HIGH SPEED」ボタンを押すと倍速再生になります。
まずはこれでRV871(BデッキはRV881)のトリマーを回してスピード調整。周波数カウンタ等が必要
だと思います。
次に「NORM SPEED」ボタンを押すと等速再生になるので、RV872(BデッキはRV882)を回して
スピード調整。これでテープスピードの調整は終わり。

次にレベル調整。
テストテープもどきがだいたい-4dBぐらいで録音されている(らしい?)のでこれに合わせていきます。
再生レベルはRV131、RV231(BデッキはRV151、RV251)。レベルメーターを見ながら合わせます。
録音は0dBの信号を入力し録音、再生した時にメーターが0dBになるようにRV301とRV401(Bデッキは
RV351、RV451)を調整。

ここまでは楽勝なんですが問題が発生。アジマスの調整です。
テストテープもどきは440Hzという低い周波数なのでこれでは十分にアジマスが調整できないのです。
さーて困った。これは現在も悩み中。
曲入りのカセットテープでも買ってきて聴感で調整するかどうするか…うーむ…

アジマスの調整は後回しにして、あとは好みになるように調整。
MPXフィルタなんですが、デフォルトだとFM放送のパイロット信号を除去するために19kHzで落ち込む
ようになっています。しかしこれがどうももっと低い周波数まで削り落としてしまうみたいで…

ドルビーNRの基板にMPXフィルタが乗っているのでこれを回して周波数をズラします。


だいたい25kHzで落ち込むようにズラしました。だいぶずらしましたがFM放送を録音する事なんて
ないのでこれでいいでしょう。


実はこれらの調整についてはインターネットのどこかにサービスマニュアルが落ちてたりします。
詳しくは「TC-WR870 service manual」とかでググってください。すぐ見つかると思います。
僕が探したところTC-WR870の回路図は見つからなかったのですが、これの後継機であるTC-WR890
のサービスマニュアルもあり、回路図が乗っていたりする(回路はほとんど同じ)のでそっちも参照
するといいかもしれません。


ひとまず調整はここまでで終わってます。もっと煮詰めなきゃいけないと思うのですが…
バイアスの調整なんかもあるし…

まだまだ修理しなければいけない箇所もあり、例えば操作パネルのタクトスイッチなんかが若干
おかしかったりします。チャタリングするのか接点不良なのか分かりませんがドアの開閉がうまく
できなかったり録音→再生と押そうとすると停止になってしまったりします(たまに成功する)。
接点復活材を吹いても状況は変わらずで全交換するしかないかなと思っていますが…

あとは録音レベルのボリュームのギャングエラーか何かで左右で録音レベルが違う…毎回バランス
つまみを弄るのも面倒なのでこれも要調整です。

ライン出力のレベルが低いのもどうにかしたいですねえ…昔のオーディオ機器なんてどれもライン
レベルが低いのですが…。メーター読みで0dB時に2Vrmsぐらい出てもいいような気がします。



このカセットデッキを買ってからメタルテープとかも欲しくなり買い漁ったりしたのですが、もう製造
されていないのもあって何にしろ高い!中古ならヤフオクとかで安いのですが中古のテープは
何だかねえ…
新品のメタルテープを何本か買って1万円ぐらいだった気がします…ひええ。
ハイポジも少々確保しておきました…ノーマルはホームセンター行けばまだ売ってますよね。


はやく快適にカセットテープで音楽を楽しめる日が来るのを願って…

がんばりますよ


2017/06/01(木)23:52:45  オーディオ  コメント(0) 


この記事へのコメント


名前

コメント




| 前の記事 | ホーム |



RSS

すなお  すなお

東風谷早苗信者の変態。
最近は何か作ってたりしてます。
完成は非常に遅い。





Copyright © 超絶はらへ('A`) All Rights Reserved.